top

Our Mission
New York University Center for Dialogues: Islamic World – U.S. – The West was established in the aftermath of the tragic events of September 11, 2001, which highlighted the urgent need for greater communication among and about the Islamic World, the United States, and the West. With the attacks focusing the world’s attention on extremist movements in the Middle East and Islamic Asia, political commentators have been seeking, and often failing, to explain the political and social roots of these movements and their accompanying grievances against the West and the United States.

The Center was launched as a structured forum for sustained dialogue involving voices from the various religious, intellectual, economic, and political sectors of Islamic and American / Western societies, including those non–elite Islamic figures with proven credibility in their communities who are too often unheard in the West.

Based on this sustained dialogue, the Center is committed to a number of academic, policy, and outreach activities, including conferences on a variety of critically important topics today—the clash of perceptions, elections, the nature of authority in the Islamic world and in the West, Muslims in the West, the role of the media, and education, among others.

The Center is unique among comparable institutions at American universities for combining public outreach and international conferences, academic study, and policy review and recommendations. Government leaders and other relevant authorities and organizations, including media decision–makers, attend the meetings in order to help effect policy change and alter public perceptions. Findings from the Center are also published as policy papers, as well as in book form, and are disseminated to educational institutions worldwide for use by students, faculty, and researchers.

Moreover, the Center for Dialogues is creating a network of leaders who will continue to communicate with and consult one another for years to come—a valuable network for negotiating peace in times of crisis.

After nearly nine years of activities, the Center for Dialogues has established a reputation as a serious and important institution, grounded in solid scholarship and objective analysis. The Center’s activities are making an impact, its conferences are widely discussed in international policy circles, its publications are used as educational material in university classrooms, its network of peacemakers is growing — with tangible evidence that important links are being forged as a result of its activities, its staff are sought after to contribute to the institution’s perspective through conferences, advisory panels, and in the media, and fundraisers are showing recognition and support. Together with Madeleine Albright, Dennis Ross, Richard Armitage, and other eminent American personalities, the Center’s Founder and Director, Mustapha Tlili, served as a member of the Leadership Group on U.S. – Muslim Engagement, which in September 2008, on the eve of the U.S. presidential elections, published a report, “Changing Course: A New Direction For U.S. Relations with the Muslim World”.

In these difficult times when anger, extremism and misunderstanding appear to have gained the upper hand, the Center for Dialogues’ work is crucial. Through dialogue based on mutual respect, Muslim and Western community leaders can dispel the current climate of anger, check extremist trends, and lay the foundations for a more comprehensive and lasting peace.

便秘

これは、ほとんどの場合週に三回よりも少ない腸運動を有すると定義される状態です。

頻繁に避難することが困難または困難なスツールに関連しています。

あなたは便を通過させながら、痛みを有していてもよいし、緊張や押した後に排便を持つことができない場合があります。

検討事項

通常のスツールは、それぞれの人のために異なっています。

一部の人々は、毎日便通を持っています。

また、いくつかの健康な人は常に軟便を持っています。他の人がしっかりスツールを持っていますが、支障は渡し​​ません。

ときにあなたが頻繁に便を持っていないか、または多く取るときの努力を渡すために、あなたは便秘を持っています。

大規模またはハード便の通過は、特に子供たちに、年引き裂くことができます。

これは、出血を引き起こし、発生する可能性があります。

原因

便秘は、通常によって引き起こされます。

低繊維食

運動不足

十分な水を飲みません

衝動がプレゼントを排便するときにトイレに行くために遅延

ストレスとの旅行も便秘や排便習慣の他の変化に寄与することができます。

便秘の他の原因は、可能性があります。

大腸癌

などの腸疾患、過敏性腸症候群

精神疾患

神経系疾患

妊娠

甲状腺機能低下症

特定の薬の使用

彼らは腸の動きをバック保持している場合小児の便秘は頻繁に発生します。

彼らはトイレトレーニングの訓練とき、または、彼らは恐れのために準備ができていないときに発生することがあります。

ホームケア

あなたのライフスタイルの変更を加えると、便秘を防ぐことができます。

同様の変更は、それを治療するために使用することができます。

あなたが取ることができる手順は次のとおりです。

(日水の少なくとも8杯を取る)毎日水分をたくさん飲みます。

繊維の高い多くの食品を食べます。

定期的に運動

あなたは衝動を感じる時間(ウェイトなし)でバスルームを使用します。

便秘の乳児の場合:

2ヶ月以上:一日二回果汁(ぶどう、梨、リンゴ、サクランボまたはプルーン)の60〜120ミリリットル(2〜4オンス)をしてみてください。

以上の4ヶ月:赤ちゃんが固形食物を食べ始めた場合、あなたは一日二回、このようなエンドウ豆、豆、アプリコット、プルーン、桃、梨、新鮮なプラムやほうれん草などの繊維の高いベビーフードを与えることができます。

定期的な運動は、通常の便通を確立することができます。

あなたは車椅子を必要とするか、または寝たきり場合は、頻繁に位置を変えます。

また、クランチと脚が演習を発生させます。理学療法士は、あなたが行うことができます演習をお勧めすることができます。

このようなドキュセートナトリウムを含むような便軟化剤の使用は、役立つことがあります。

このようなオオバコなどの緩下剤は便に流体およびバルクを追加するに役立つことがあります。

坐剤またはマグネシアの液体のミルクのような穏やかな下剤は、あなたが定期的に排便を持つことができます。

浣腸または刺激性緩下剤は、重症例のために確保する必要があります。

これらの方法は、繊維、流体または便軟化剤が十分な救済を提供しない場合にのみ使用されるべきです。

最初の医師に相談することなく、子供たちに下剤や浣腸を与えないでください。

参照:お茶.xyzできるだけ早く医師に連絡してくださいあなたはとの突然の便秘持って腹痛やガスや便を渡すことができないことを任意の下剤を服用しないでください。

また、あなたの医師の場合を呼び出します。

彼が働いていない数週間またはパーソナルケアのために下剤を使用しています。

彼が持っている便に血を。

下痢と便秘を交互に。

これは、直腸の痛みを持っています。

膨満感を伴う特にシャープや激しい腹痛。

これは、薄い鉛筆のようなスツールを持っています。

体験原因不明の体重減少を。

場合は、すぐにあなたの子供の医師を呼び出します。

(母乳ものを除く)幼児は3​​日後に腸の動きを受けていないと嘔吐や過敏されます。

また、医師の場合を呼び出します。

未満の2ヶ月は、便秘の赤ちゃん

哺乳瓶の供給は(嘔吐やいらいらが発生した場合、すぐに呼び出す)便通のない3日間を費やしています。

トレーニングトイレトレーニングを耐えるために子供が戻って腸の動きを保持しています。

医師のオフィスで何を期待します。

医師は身体検査を実行します。

彼らは、次のような質問をされるでしょう。

どのくらいの期間は、便秘を持っていましたか?
二つの椅子の間に何日?
(a)は、ストレスを受けたときに、それは悪いことですか?
スツールのどのような色、形と一貫性?¿あなたは出血していますか?
あなたは、任意の経験している腹痛を?
どのような手術やけがあなたが持っていましたか?
あなたはどのような薬を服用できますか?
あなたはコーヒーやドリンクアルコールを飲みますか?たばこを吸​​いますか?
あなたは他にどのような症状がありますか?
次のテストは、便秘の原因を診断することができます。

直腸肛門内圧検査(肛門と直腸の圧力測定値)
バリウム浣腸
全血球数(CBC)
大腸内視鏡検査
直腸S状結腸鏡検査法(下腸の検査)
スツール研究
上部消化管
腹部のX線
代替名
腸の不規則性。定期的な排便の欠如